リモートホスト(遠隔地のコンピュータ)に対して、ファイルの送信、受信を行います。
Ftpに対する基本的な知識が必要です。


1.Ftpの新規登録、更新、削除

(1) 日付を指定します。

(2) 時間を指定します。

(3) リモートホストを指定します。
   (必要に応じてポート番号を指定してください)

例: ftp.microsoft.com または 198.105.232.1

∮:リモートホストを指定するにあたって、そのリモートホストに接続できることを確認して下さい。

Ftpのポート番号は、通常 21です。

(4) 「FTPコマンド 構成」ボタンを押して、Ftpのコマンドを指定します。

2.Ftpのコマンド

(1)「サブコマンドの登録」で「Create」「Update」「Delete」のボタンにより行います。

(2) openを必ず指定して下さい。 この時、ユーザとパスワートを設定します。

∮:openコマンドは、自動的に0秒後の指定になります。

∮:設定したユーザとパスワードが空白の場合は、 ユーザとパスワードが無い状態でも接続ができることを確認して下さい。

(3) cd , delete , get , mkdir , put , rmdir , mput , mget のコマンドを構成します。

∮:mput は、フォルダーごとサーバにファイルを送信します。(サブフォルダーは対象になりません)

∮:mget は、フォルダーごとサーバからファイルを受信します。(サブフォルダーは対象になりません)

∮:FtpサーバのOSにより、パスの記述などが異なります。

∮:コマンドの自動発行の為、コマンド発行時間を適切に設定して下さい。 処理を登録する前に、一度マニュアルでテストしてみてください。

(4) closeを必ず指定して下さい。 このとき、リモートホストとの接続が切断されます。

∮:ダイアルアップ接続の場合、回線は切断されません。

 

例:

ftp.domain.co.jpにAdmin(User)/z80(Password)でログインし、
リモートホストの/usr/todayディレクトリにあるXYZ.txtファイルを受信し、
ローカルホストにあるC:ABC.jpgファイルを、 リモートホストのルートディレクトリにABC_Now.jpgという名前で送信し、

セッションをクローズする。

接続先指定:

ftp.domain.co.jp

Ftpコマンド:

0秒後 open Admin z80
5秒後 cd /usr/today
7秒後 get XYZ.txt C:¥Temp¥XYZ.txt
10秒後 put C:¥ABC.jpg /ABC_Now.jpg
15秒後 close