(プレ禁煙)なぜか、節煙をはじめた

<旧ホームページより転載 2003年7月綴>


禁煙日誌

日付 曜日 日数 本数 日誌
6/20 -6 5 なぜか、この日から本数を減らそうと思った。節煙をすることでいずれ禁煙につなげたいというぐらいの気持ちである。吸いたいと思ったときには手元にあったガムを口に放り込んだ。時計と睨めっこである。さっき吸ったのは1時だから3時まではガマンしようという感じである。その間は口の中にガムを放り込んで気を紛らわした。
我慢した後の一服は至福の一服である。
我慢比べとごほうびの一服である。
まあ、お遊びである。結果として節煙にはなった。

タバコに比べればガムは安いものであるので惜しみなく噛んだ。ガムの味とか触感など楽しむことはしない。口の中に入れておきたいか出したいか、噛み疲れたかどうか、飽きたかどうか、が基準になる。

6/21 -5 3 ルールは昨日と同じとして今日も挑戦しようと思った。挑戦するにあたり朝一番の一本に火をつけた。実にうまい。朝一のうまい一本を吸いながら節煙のやる気が出てきたので今日は一気に朝・昼・晩の3本にしてみた。仕事や場所の関係で半日ぐらい吸えない事はたまにあることなので、やればできると思っていた。
昼がくるのが待ち遠しかった。昼の一本は迷わず昼食後の一本にした。食後であることと数時間ではあるが禁煙したことの達成感でそれはそれはおいしい一服であった。
さて、夜までガマンしようと思うと考えたが夜とはいつだろう。
仕事が終わったとき?

夕食が終わったとき?
風呂から出たとき?
寝る前?
悶々としながら吸うタイミングを模索して、結局吸ったのは仕事も夕食も風呂も終わって寝るにはちと早いという絶妙のタイミングであった。
なにが絶妙であるか。吸うことを伸ばすだけ伸ばしてニコチン枯渇の限界状態になったときにうまい一服をこころゆくまでゆーーーっくりと吸ったのである。吸った快楽を思う存分堪能するだけでなく、その余韻も思う存分堪能できる絶妙なタイミングである。
今日一日、待ち遠しいと思いながらガムを噛んで自虐的なゲームを楽しむ自分がいた。

気負いは全くない。

6/22 -4 3 私は、朝は食事をとらない。健康によくないと家族も医者もみんないう。私も理屈は理解できるが、ずっとこれを続けてきたので自分の体からは朝食抜きが悪いことであるとは思わない。毎度の独善的私感である。
こんな状態で、朝起きてからすぐに一服。
これがうまい。
っで、これに目をつけた。
朝起きて2時間我慢しようと・・・。

これはきつかった。
この2時間の間でこれがゲームではなくなったことに気がついた。試練・挑戦・葛藤・・・という漢字が頭の中に並んでいた。時計の針が進むのが本当に遅いと感じた。
もちろんガムを噛んだが落ち着かず、ちょっと濃い目のコーヒーを何杯か飲んだことでしのげたように思う。
昼までの時間はその分短くなり、ちょっと落ち着いた。夜は昨日と同じようなタイミングで一服した。

6/23 -3 4 せっかくだから、スーパーへ行って金に糸目をつけずに効果がありそうなものは買ってみることにした。ガム、アメ、スルメ、コンブ、サラミなどいろいろと買ったが、金に糸目をつけずと気負うほどのことではなかった。

普段、私は自分のためにはお菓子を買わない。そもそも欲しいとは思わないのである。
だから、欲しいものではなく効果がありそうなものという基準で買ったつもりである。
ガムは甘くないキシリトール入りのものでこれは効果があることは実証済みである。アメもできるかぎり甘くないものをいくつか選んだつもりだが、アメをなめた後に口の中に甘みが残る感じが嫌で私には合わない。コンブ、サラミなどのおつまみの分類に入るものは、ただただおいしく頂いただけでちょっと違うなっという感じである。唯一あたりめは、その硬さから結構いけるなっと感じたが、いかんせん匂いが強烈なので使える場所が限定される。
朝我慢の2時間。意識せずに迎える昼。待ち遠しい夜。
ここまでは、昨日と同じであった。今日もやったと思いながら机に向かっていると無性にもう一本吸いたくなった。本当に強烈に吸いたくなった。今日買ったお菓子の山を目の前にするとむしろ一層強烈に吸いたくなった。
っで寝る前にもう一本吸ってしまった。

このとき相当葛藤した。この葛藤が中毒だと思った。

6/24 -2 2 昨日は予定より1本多いので、今日は1本余分に減らすことにした。朝の一本に至る強烈なガマンがあるため、昼の一本は乗り越えられると思った。
昼飯を食べた後すぐにガムを放り込んだ。ガムを放り込んでは捨てるという動作を延々繰り返した感じである。そうしているうちに夜を迎えた。そして、ご褒美の一本をゆっくりと吸った。
6/25 -1 2 せっかく1日2本に減らすことができたので、今日も2本とする。同じように昼の一服を止め朝と夜だけにした。
朝起床後2時間の我慢、日中の我慢、終始タバコが吸えるときのことを考えた。昨日はそれほど感じなかったが今日は終始たばこのことを考えていた。中毒だと思った。体調・気分・環境とたばこの関係を感じた。

私は間違いなくたばこ中毒であるが、日によって節煙の苦痛で七転八倒する日と特に何も感じない日があり、その隔たりは相当大きい。今日はどんな日かはその日を迎えてみないとわからない。
それは毎日だれもが感じる「今日の調子」というもので、たばことは関係ない。しかし、たばこは「今日の調子」と密接に関係がある、といまさらながらに感じた。

<旧ホームページより転載 2003年7月綴>