深い眠りに落ちたサイトが甦る

ホームページが深い眠りに落ちていく

サイトを立ち上げたときは力も入り、充実したコンテンツになりました。

ところが、時の経過とともにホームページの更新が重荷になり、しだいに自ら開設したホームページから遠ざかるようになります。つまり、ねた切れになります。

更新しなくなったホームページは、ゆっくりと静かに深い眠りに落ちていくのです。

インターネットが冷遇する

インターネットは苛酷な環境です。深い眠りに落ちたサイトをインターネットは冷遇します。

検索エンジンは、価値が高く新鮮な情報を優先しますから、眠ってしまったサイトはインターネットの奥深いところに追いやられ陽の目を見ることはほとんどなくなってしまうのです。

何らかの偶然で眠ってしまったサイトに出会ったとき、ホームページを訪れた人はまずそのページの信用度を直感的に感じます。

眠ってしまったサイトからはマイナスの印象を強く受けますから、このようなサイトからは一刻も早く退散し別のもっと信頼のおけるサイトへ飛んでいくでしょう。

深い眠りに落ちたサイトは、検索エンジンにも利用者にも冷遇されることになるのです。

活性化したサイトが、人を呼び、ものを呼び、チャンスを呼ぶ

そんな企業に提案です。

”総務部長”が眠ったサイトを起こし、ネット社会の最前線に送り出します。
”総務部長”が会社のサイトを元気にし、埋もれた情報を陽のあたるところに引っ張り出します。

陽のあたった会社の情報が、人を呼び、ものを呼び、チャンスを呼びます。

ほかに、”営業部長”と”ブログコメンター”も活用してください。


私がブログを更新します 総務部長

総務部長:
あなたの会社の総務部長として頻繁に会社ブログを更新します
時流に乗ったブログを綴ることで、時事トレンド経由であなたのサイトを訪れる人を呼び込みます。


私がブログを更新します 営業部長

営業部長:
あなたの会社の営業部長として頻繁に会社ブログを更新します
業界のホットな話題を綴ることで、あなたの業界にいる人々とその業界に関心のある人々に対して業界トレンド経由であなたのサイトを訪れる人を呼び込みます。
常に市場を開拓する営業部長として、会社のサイトを更新することで営業活動を牽引します。


私がブログを更新します ブログコメンター

ブログコメンター:
あなたの会社のサイトに対して、有意義でキャッチーなコメントを残します
はじめて訪れた人には、あなたの会社を応援する人のコメントはその会社により親近感を感じさせます。
あなたのサイトに残された言葉のキャッチボールは、訪れる人の心をほぐすのに最も効果的です。