ステルス状態にありますから、私たち人間はその存在を確認することが出来ません。これはWindowsXPを通して動作するアンチウィルスソフトも同じようです。
WindowsXP上では、ウィルスの存在が確認できませんから、ウォルス検知が出来ませんし、駆除することも出来ません。
アンチウィルスソフトでは、rootkitを派遣駆除することが出来ないことがわかりました。

では、どうすればよいか調べました。
すでに先人たちがいろいろな経験と情報を残してくれています。

rootkit駆除ソフトにも相性があるようです。
侵されているウィルス、パソコン環境、などにより簡単に出来たり手こずったり、あるいはウィルス駆除がうまくいったりいかなかったり、と様々なようです。これらの情報の中から、信頼されて広く使われており、操作が簡単なものを選んでみました。

そういう視点で私が選んだのは
SDFix、Malwarebytes’ Anti-Malware、ComboFix、でした。

さて、これをはじめることとします。

2008年12月21日 18:19:31