このパソコンにはたくさんのウィルスメールが送られてきます。いろいろなサイトも積極的にアクセスします。有償・無償をふくめいろいろなアンチウィルスソフトを渡り歩いています。

ウィルスに感染しそうになることは何度もありましたが、水際でアンチウィルスソフトが止めてくれました。自分でも危なそうなサイトやメールは避けてきたつもりです。

いままで大過なく過ごしてきました。

ところが今回奈落の底へ落とされました。

当初は、ウォルス感染の自覚症状はありませんでした。むしろWindowsXPの不調を考えていました。
日がたつにつれておかしいと感じいろいろと調べ始めます。
ウィルス情報を中心に調べますが、抽象的な現象からウィルスを調べることがいかに困難かを思い知ることになります。
検索過程で出会う「名もなき同士」が赤子のような扱いを受けていたことには忸怩たる思いもありました。
アンチウィルス会社も「そのような事例は把握していない」というつれないものばかりです。私も確信がないことから「本サイトとの情報を参考にしてください」とメールするのが関の山でした。

ふたを開けてみれば、一部では有名なrootkitでした。
このrootkitはウィルスと呼ぶにはあまりに強力なものでした。
rootkitがいかに強敵であるかは今回のブログでご紹介できたと思います。

みなさんのお役に立てることを願っています。

2008年12月22日 15:19:18